北海道 函館市 元町末広町 MotomachiSuehirocho

                                              14.5ha 1989.4 選定 港町

                                選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

幕末期から開港場として発展した函館では,函館山麓の町の中心部に保存地区が拡がっている.

高台には重要文化財の旧函館区公会堂(明治43年)や函館ハリストス正教会復活聖堂(大正5年)が聳え,

港沿いには煉瓦造の倉庫群が拡がり,その間に和洋折衷の独特の形態を持った住宅が点在する街並みは,

異国情緒が漂う独特の景観を形成している.

01.北海道函館市元町末広町.jpg

青森県 弘前市 仲町 Naka-chou

                              10.6ha 1978.5 選定 武家町  

                   選定基準:伝統的建造物群及び地割がよく旧態を保持している

 

慶長年間(1596~ 1614),津軽平野の南部に形成された城下町は,寛水5年(1628)に弘前と称された.保存地区は仲町と総称される武家町の一部である.

道に面して生垣を植え,薬医門を開き,その奥に茅葺や板葺の主屋を配し,武家町を構成している.

地割は江戸時代の姿をよく伝え,江戸時代末頃の主屋も残り.今日もなお侍屋敷の特性をよく維持している.

青森県 黒石市 中町 Naka-machi

                           3.1ha 2005.7 選定 商家町

                          選定基準:伝統的建造物群が全体として意匠的に優秀である

黒石は,津軽信英(のぶふさ)が明暦2(1656)に黒石津軽家を創立して以来,商家町として栄え,

浜街道における交通の要衝でもあった.

信英の町割に基づくとされる ‘こみせ’ は,主屋の前面に張り出した軒下の通路空間である.

連続する ‘こみせ’ によって積雪時も往来が容易になり,現在では稀有な町並景観を形成している.

岩手県 金ケ崎町 城内諏訪小路 Jyonai-Suwakouji

                                              34.8ha 2001.6 選定 武家 

                                  選定基準:伝統的建造物群及び地割がよく旧態を保持している

金ケ崎町は岩手県南部にあり,江戸時代には伊達藩の最北端に位置した.

北上川に面する台地上の保存地区は,伊達藩の家臣大町氏の屋敷を中心に構成された武家町である.

街路に面して生垣と屋敷林が連なり,その奥に茅葺の武家住宅が 配される.

江戸時代の街路構成を残すとともに,保存地区周囲を囲む樹木帯等の自然環境にも恵まれている.

宮城県 村田町 村田 Murata

                                   7.4ha 2014.9 選定 商家 

                 選定基準:伝統的建造物群が全体として意匠的に優秀である

宮城県南部の内陸部に位置し町の中央を南北に通る脇街道に沿って町並みが形成されている.

間口が狭く奥行が深い短冊形の屋敷地には,蔵造りの店の奥に主屋が,さらに内蔵などの付属屋が並ぶ.

また店の側の表門には アエコ と呼ぶ石畳みの外通絡を見る事も出来る.

これらが一体となり,江戸後期から近代にかけて繁栄した町並みが重厚な景観をつくり出している.

P1120305.JPG

秋田県 横手市 増田 Masuda

                                 10.6ha 2013.12 選定 在郷 

                 選定基準:伝統的建造物群及び地割がよく旧態を保持している

秋田県南山間部の羽州街道から仙台藩領寒湯へ抜ける小安街道沿いに位置する増田には,

通りに沿って短冊型に割られた敷地に,切妻造妻入を主とする店舗兼住宅の主屋が連続している.

その背後に主屋と連続する鞘付土蔵を接続して豪雪に対応した長大な空間を形成する.

近世に整備された地割りや水路を残し, 近代にかけて繁栄した在郷町の歴史的風致をよく伝えている.

秋田県 仙北市 角館 Kakunodate

                              6.9ha 1976.9 選定 武家 

                 選定基準:伝統的建造物群及び地割がよく旧態を保持している

角館は秋田県南東部の内陸地にあり,1620年芦名氏より創られ佐竹北家に引き継がれた城下町であった.

保存地区は旧武家屋敷町のほぼ中央にあり,上・中級武士の屋敷地から成る.

通りに連なる塀越しのシダレザクラやモミの深い木立が街路景観を形成し,

江戸時代末期時の屋敷割や主屋・門・蔵の尾敷構えとともに武家町の特性をよく残している.

福島県 喜多方市 小田付 Otazuki

                                  15.5ha 2018.8 選定 在郷町・醸造町

                        選定基準:伝統的建造物群及び地割がよく旧態を保持している

 

小田付地区は,蔵の町として知られる喜多方市の中心部に位置する.

1582(天正10)年に町割りが行われて近村から市が移された後,

酒・味噌・醤油の醸造も盛んになり,会津北方の交易の中心地として発展した.

近世の地割りの上に店蔵などの多様な土蔵が並ぶ町並は,在郷町・醸造町の歴史的風致を良く伝えている

福島県 下郷町 大内宿 Oouchi-juku

                                  11.3ha 1981.4 選定 宿場町

                                       選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

大内宿は,会津若松と下野今市を結ぶ街道沿い,福島県南西部の山間部につくられた宿場である.

茅葺・寄棟造の主屋が妻面を街道に向け,一定間隔をもって規則的に建ち並び,

この地方の宿場の典型的な形態をよく残している.

元々中央にあった水路は街道両側に付け替えられたものの,今なお豊富な水量を誇っている.

福島県 南会津町 前沢 Maezawa

                                 13.3ha 2011.3 選定 山村集落

                                      選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

南会津郡前沢町南端の舘岩に位置する前沢は,中門造の民家が建ち並ぶ南会津地方の農村集落である.

保存地区内には明治末期から昭和前期lに建てられた中門造と茅葺き民家が混在している.

雪深い山間部に見られるこれらの建築群は,周辺の耕地・山林・河川等と共に,

会南津における農村集落固有の歴史的風致を今に伝えている.

茨城県 桜川市 真壁  Makabe

                                17.6ha 2010.6 選定 在郷町

                   選定基準:伝統的建造物群及び地割がよく旧態を保持している

県中西部の真壁は,真壁城跡(国指定史跡)の中世城下町を起源とし,近世には在郷町として発展した.

近世以来の地割りがよく残り,保存地区を中心に99棟の登録文化財が存在する.

幕末から明治期の重厚な見世蔵や土蔵に加えて,大正から昭和期の町家や洋風建築が残る.

商家町の性格を有する中で薬医門も多く, 多様性のある町並み景観を特徴としている.

栃木県 栃木市 嘉右衛門町  Kauemon-cho

                                                     9.6ha 2012.7 選定 在郷町

                                 選定基準:伝統的建造物群及び地割がよく旧態を保持している

嘉右衛門町は,栃木県南部の栃木市旧栃木宿の北に位置する.

天正期(1573-1592)の嘉右衛門新田村を起源とし,南北に巴波川と日光例幣使街道が通る.

街道沿いの敷地割と共に,陣屋や江戸末期から近代にかけ在郷町として繁栄した蔵造りの見世蔵や土蔵,

真壁造りや洋風の店舗が残り,変化のある町並みを形成している.

DSC_0206.JPG

群馬県 桐生市 桐生新町  Kiryu-shinmachi

                                            13.4ha 2012.7 選定 製織町

                選定基準:伝統的建造物群及び地割がよく旧態を保持している

群馬県東端中央に位置する桐生新町は,近世初期に形成された地割りを基本とし,

江戸期から昭和初期に絹織物業で繁栄した特徴ある敷地利用形態をもつ.

主屋・長屋・倉・ノコギリ屋根工場や門・塀・井戸・祠など,近代以降の多種多様な伝統的建造物が,

製織町として発展した歴史的風致を良く伝えている.

DSC_0138.JPG

群馬県 中之条町 六合赤岩 Kuni-akaiwa  

                                             63.0ha 2006.7 選定 山村・養蚕集落

                                            選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

群馬県北西部に位置する六合赤岩は,幕末以降に建てられた養蚕家屋の伝統的形式を踏襲する主屋が多く, 正面端部を外壁より前に張り出させた出梁(でばり)が特徴である.

生業や時代ごとの生活に合わせた増改築が創意工夫を繰り返しながら行われ,

農山村における伝統的建物の建築特性を,利活用しながら今に伝えている.

DSC_0082.JPG

埼玉県 川越市 川越 Kawagoe  

                                    7.8ha 1999.12 選定 商家 

          選定基準:伝統的建造物群が全体として意匠的に優秀である

川越は,室町時代後期に大田道真・道灌親子が基礎を築き,江戸時代初期に城下町として整えられた.

以来,舟運などにより商業都市として繁栄した.

町割りは寛永年間 (1624 -1643)の形態をほぼ継承し,保存地区は近世初期以来の町人地の枢要にあたる.
明治26年大火後に建てられた外壁黒漆喰の蔵造り商家が,町並景観の主役である.

DSC_0275_00001.jpg

千葉県 香取市 佐原 Sawara 

                                  7.1ha 1996.4 選定 商家町

                                  選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

佐原は利根川流域の物資集散地として,近世から近代にかけてに栄えた河港商業都市である.

小野川沿いに「だし」と呼ばれる荷揚げ用階段が多数設けられ,寄棟造・妻入の町家等が建ち並ぶ.

伊能忠敬旧宅もある街道沿いには,切妻造・平入の二階建ての町家や蔵造の町家等が連なり,

大正時代以降の煉瓦遣やRC造の洋風建物等も残っている.

千葉工業大学 工学部建築都市環境学科/大学院工学専攻 ・ 建築都市環境学専攻 山本研究室 1985-2015 (C) Copyright 2009 All rights reserved