山梨県 甲州市 上条  Kamijo  

                                  15.1ha 2015.7.8 選定 山村・養蚕集落

           選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

上条地区は甲府盆地北東の小扇状地に位置し,金剛山と呼ばれる舌状台地にある集落と畑地から成る.

企剛山北側にある観音堂を囲むように,雛壇状の茅葺き切妻造り主屋や蚕室の屋敷備えが保存されている.
主屋の突き上げ屋根は,明治以降の養蚕業の発展に伴い付加されたもので,

かつての主産業だった葉酸の隆盛ぶりを現在に伝えている.

P1110956.JPG

山梨県 早川町 赤沢  Akazawa

                              25.6ha 1993.7.14 選定 講中宿

           選定基準:伝統的建造物群及び地割がよく旧態を保持している

 

日蓮宗身延山久遠寺からその信仰の山である七面山へ至る参道に位置する赤沢は,

諸国からの参詣人の講の宿として栄えた.

西に面する斜面の等高線に沿って,もと木羽葺の主屋等が密集して建ち並んでいる.

店仕舞いもある中で,今も軒下に講中のマネギ板を掲げる旅籠屋があり,かつての繁栄を伝えている.

長野県 長野市 戸隠  Togakushi

                                  73.3ha 2017.2.23 選定 宿坊群・門前町

           選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

保存地区は,長野市北西部の山岳地域に位置する戸隠神社中社と同宝光社の門前町で,

近世の戸隠信仰の隆盛と共に整えられた町割りが良く残っている.

参道沿いには神殿や向拝を備えた雄大豪壮な宿坊が群れをなし,その外縁に農家や商家が住宅を構える.

雪に備え軒を深くとる伝統的な茅葺き建物が,石垣や生け垣・庭園とともに特有の歴史的景観をみせている

P1130336.JPG

長野県 塩尻市 奈良井  Narai

                                        17.6ha 1978.5.31 選定 宿場町

           選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

中山道の木曾十一宿のひとつ.鳥居峠を控えた宿場町だが,塗櫛や曲物による産業町でもある.

上・中・下の三町からなる町は南北約1キロメートル に及び,最盛期には「奈良井千軒」とも呼ばれた

もと板葺きで二階に手摺をもつ旅籠屋形式の町家が,街道に面して連続して並んでいる.

勾配の緩い屋根は庇より大きく軒先を出し,深い軒で街路を包教込む空間構成に特色がある.

DSC_0525.JPG

長野県 塩尻市 木曽平沢  Kisohirasawa

                                           12.5ha 2006.7.5 選定 漆工町

             選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

全国有数の漆器産地である木曽平沢の町並みは奈良井宿の在郷として発展し,中山道沿いに広がっている.

通りに面する主屋には出梁造りをはじめとして近世から近代にかけての多様な時代の建物が混在する.

短冊状に地割りされた敷地の中で,主屋の奥には漆器製造のための塗蔵や付属屋が連なり,

漆器職人の集住と伝統的な手法とにより,現在も木曽漆器が生産され続けている

DSC_1036.JPG

長野県 千曲市 稲荷山  Inariyama

                                       13.0ha 2014.12.10 選定 商家町

              選定基準:伝統的建造物群及び地割がよく旧態を保持している

 

善光寺街道の商都である稲荷山は長野県の北部に位置し,

近世末期から近代にかけて生糸や繊維製品の集散地として県下でも有数の商業地として発展した.

1847(弘化4)年の普光寺地震で発生した火災により,町は壊減的な被害を受けるが復興を遂げ,

多様な外壁や屋根形式の主屋が混在する特徴的な商都の町並を,今に伝えている.

長野県 東御市 海野宿  Unno-juku

                                       13.2ha 1987.4.28 選定 宿場・養蚕町

             選定基準:伝統的建造物群が全体として意匠的に優秀なもの

 

1625(寛水2)年の開設と伝わる海野宿は,北国街道の宿場町である.

東桝形から西桝形まで約650mの街道両側のほぼ全体に家々が並び,街道の中央には水路が流れている.

建物は中山道の宿場に見られる旅籠屋形式とよく似るが,養蚕の影響をうけた建物は二階建で建ちが高く,気抜きの越屋根をあげているものが多い.

長野県 南木曽町 妻籠宿  Tsumago-juku

                                              1245.4ha 1976.9.4 選定 宿場町

                 選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

中山道の木曽十―宿のひとつで,鳥居峠を挟んで馬籠宿に続く山問部の宿場である.

元は板葺で1階に手摺をもつ旅籠尾形式の町家が街道に面して連続している.

近年,本陣は絵図をもとに復原され,脇本陣である林家住宅は木曽を代表する近代和風住宅でもある.

歴史的環境を活かした町並保存に町と住民が一体となって取り組み,成功した先駆地である.

長野県 白馬村 青鬼  Aoni

                                   59.7ha 2000.12.4 選定 山村集落

            選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

青鬼は白馬村北東の山腹に位置する山村集落である.

東側には約200枚の棚田が広がり,江戸末期に開削された用水路の青鬼堰は今もその役目を果たしている.

集落には江戸後期から明治時代に建てられた兜造りの主屋と土蔵が建ちならび,

屋根越しに見られる北アルプスの景観と集落周りの自然環境が一体となり,歴史的景観を形成している.

岐阜県 高山市 三町  San-machi

                                  4.4ha 1979.2.3 選定 商家町

           選定基準:伝統的建造物群が全体として意匠的に優秀である

 

古くからの飛騨の中心地.江戸中期以降は幕府直轄地となり,近世から商業活動で繁栄した.

狭い通りを挟んで,中二階建で軒の低い洗練された意匠の町家が連なっている.

町家は経い勾配の屋根と深い軒をもち,胡粉塗の腕木や,通り土間上部の生漆塗の梁組は見応えがある.

1997年に保存地区の範囲が拡大され,敷地奥の土蔵の保存も進められている

岐阜県 高山市 下二之町大新町  Ojinmachi

                                                          6.6ha 2004.7.6 選定 商家町

                          選定基準:伝統的建造物群が全体として意匠的に優秀である

 

旧城下町の北半に位置するこの地区は,江戸時代以来の城下町区域と越中街道筋に残る街並みである.

成熟した木工技術で建てられた町家が,明治から昭和の時代を反映しながら,通りに面して建ち並ぶ.

桜山八幡宮の氏子区域である当地区の人々は,祭屋台を護持する屋台組を中心に強い結束を保ち,

それが現在の町並保存の原動力となっている

岐阜県 美濃市 美濃町  Mino-machi  

                                     9.3ha 1999.5.13 選定 商家町

             選定基準:伝統的建造物群が全体として意匠的に優秀である

 

美濃町は慶長年間(1596 -1614)金森長近の城下町建設に始まり,江戸時代末まで和紙生産で繁栄した.

建物の両妻側に建ち上がる卯建とその軒先の化粧瓦,多彩な格子や虫籠窓,

および正面の下屋庇上の辻堂風または箱型の火防神などが,特色ある景観要素となっている.

伝統的街並みの特徴は,建造物の豊かな意匠や造形にある.

DSC_0881.JPG

岐阜県 恵那市 岩村本通り  Iwamura-hondouri  

                                                14.6ha 1998.4.17 選定 商家町

                 選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

岩村町は,近世初期の城下町建設以降,東濃地方の政治・文化・経済の中心地として明治期まで栄えた.

保存地区の各家を縦断している水路は天正疎水と呼ばれ,近代城下町における町屋の発展過程を伝える.

町家群は,その形態と周辺環境とが一体となり,

岐阜県東南山間部における特色ある歴史的景観を残している.

P1110855.JPG

岐阜県 郡上市 郡上八幡北町 Gujo-hachiman kitamach

                                                            14.1ha 2012.12.28選定 城下町

                   選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

1559(永禄2)年に八幡山に構えた陣営を起源とする郡上八幡は,山上に城を仰ぐ近世城下町である.

水路と一体となった町は,四方を山と川に囲まれ,総二階建て・切妻平人の町家が密集して建ち並ぶ

大正8年の大火により北町一帯は焼失したしたものの,

町人地は地割を継承し,武家地は細分化して町家が建てられ,歴史的風致を今に伝えている.

DSC_0782.JPG

岐阜県 白川村 萩町  Shirakawa-mura Ogi-machi

                                  45.6ha 1976.9.4 選定 山村集落

           選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

白川郷の保存地区は日本有数の豪雪地帯にある.

庄川に沿う街道の比較的平坦な地に開けた集落には,合掌造民家やハサ小屋(農小屋)が点在している.

合掌造民家は急勾配で広大な茅葺屋根を持ち,屋根裏は二層から三層の部屋になっている.

これらと田畑や畦畔・小川などの自然的な農耕形態が相俟って,独特の集落景観を構成している.

静岡県 焼津市 花沢  Hanazawa

                                      19.5ha 2014.9.18 選定 山村集落

              選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

保存地区は,焼津市北部の山麓から日本坂峠に至る旧街道沿いの川の西側に位置している.

細長い谷地に集中する屋敷地は,傾斜地のため石垣が階段状に築造され,

季節労働者の宿泊や農作業のための附属屋と石垣が,街道に面して連なる.

建造物群と周囲の自然環境が一体となり,蜜柑栽培で栄えた山村集落の歴史的風致をよく伝えている

P1110786.JPG

愛知県 名古屋市 有松  Arimatsu

                                      7.3ha 2016.7.25 選定 染織町

            選定基準:伝統的建造物群が全体として意匠的に優秀なもの

 

有松は,東海道鳴海宿と池鰻鮒宿の間に,尾張藩により慶長13年に開か‘れた.

ゆるやかに曲がる東海道に沿つて,町には,広い間口を持つ絞商の主屋や門・塀が数多く見られる.

町は東海道を往来する旅人の土産物として考案された有松絞り絞り染め) と共に発展し,

比較的ゆったりとした町並みが継承されている.

DSC_0969.JPG

愛知県 豊田市 足助  Asuke  

                                   21.5ha 2011.6.20 選定 商家町

              選定基準:伝統的建造物群が全体として意匠的に優秀なもの

 

愛知県北東部に位置する足助は,伊那街道の重要な中継地点として栄えた.

街道沿いの短冊状の敷地に,江戸時代から昭和前期までの町家が連らなる.

敷地の間口いっぱいに平入・妻入の主屋が建ち,背後には付属屋・土蔵などが配置されている.

足助川沿いには石垣を築き,川に張り出すようにして座敷などが建てられ独特の景観をつくり出している.

P1110842.JPG

三重県 亀山市 関宿  Seki-juku

                                      25.0ha 1984.12.10 選定 宿場町

           選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

江戸から47番日にあたる関宿は,東海道の宿場町としては唯一の保存地区である.

全長約1.8キロメートルの保存地区は,町の出入口にあたる東追分から西追分まで宿場のほぼ全域を占める.

街道に沿う家屋は塗屋造・真壁造で,二階建・中二階建・平屋建など多様な町家が混在しが連続し,

変化のある町並景観の中に,旧宿場の規模と雰囲気をよく伝えている.

千葉工業大学 工学部建築都市環境学科/大学院工学専攻 ・ 建築都市環境学専攻 山本研究室 1985-2015 (C) Copyright 2009 All rights reserved