新潟県 佐渡市 宿根木  Shukunegi

                                       28.5ha 1991.4.30 選定 港町

             選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

宿根木は佐渡島西南部の海岸段丘の入り江に形成され,北前船の寄港地に近接する港町として繁栄した.

住居は石置板葺きで,質素な外観に対して内部は透明漆喰など豪華な仕上げがみられる.

江戸時代以降,この地には北前船の船主や船大工が集住して他の港町とは様相を異にし,

周囲の環境と共に地域的特色を顕著に示している.

富山県 高岡市 山町筋  Yamachousuji  

                                       5.5ha 2000.12.4 選定 商家町

             選定基準:伝統的建造物群が全体として意匠的に優秀なもの

 

富山県南部の高岡市山町筋は江戸初期に建設された城下町で,保存地区は北国街道沿いの町人地にあたる.

明治33年の大火により大きな被害を受けた後,当時の都市防災計画に基づき

町は,道路の拡幅・土蔵造り・敷地境への防火壁などを採用して再興された.

土蔵造の町家や洋風建築が建ち並び,重厚かつ繊細な意匠をもつ街並み景観を今に伝えている.

DSC_0586.JPG

富山県 高岡市 金屋町  Kanayamachi

                                       6.4ha 2012.12.28 選定 鋳物師町

             選定基準:伝統的建造物群が全体として意匠的に優秀なもの

 

高岡市金屋町は,高岡市西部に位置し,町の南西から南東に向けて千保川が流れる.

開町の際に前田利長が鋳物師を招き,鋳物づくりを行わせたことに始まる高岡鋳物発祥の地である.

江戸から昭和初期に建てられた真壁造りの町家には,時代ごとの特徴的な構造や意匠が見られる.

町家の裏手では今も昔ながらの鋳物作業が行われ,鋳物師町としての特徴的な景観をよく留めている.

DSC_0644.JPG

富山県 南砺市 相倉  Ainokura

                                  18.0ha 1994.12.21 選定 山村集落

           選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

富山県南西部の山岳地・白山山系の一部に位置する相倉周辺の一帯は,五箇山と呼ばれていた.

五箇山の70の集落には,かつて1500棟を越える合掌造りの家屋があったものの,

その独特な歴史的景観を現在も保持しているのは,相倉・菅沼の地区のみである.

両地区は1970年に国指定の史跡となり,合掌造家屋の保存が図られてきた.

富山県 南砺市 菅沼 Suganuma 

                              4.4ha 1994.12.21 選定 山村集落

                                選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

富山県南西端の山岳地帯・庄川沿いの菅沼集落は,三方を囲む川に突き出した舌状台地に位置している.

伝統的建造物群の中核をなすのは、各家の主屋と板倉・土蔵などの付属屋である.

主屋のうち9棟は合掌造りで妻入りとする点など,相倉保存地区と同様の特徴をもっている.

1995年12月「白川郷・五箇山の合掌造り集落」として世界遺産に登録された

石川県 金沢市 東山ひがし Higashiyama-higashi

                                               1.8ha 2001.11.14選定 茶屋町

                選定基準:伝統的建造物群が全体として意匠的に優秀なもの

 

東山ひがしは,犀川西側の「にし」と共に1820(文政3)年に茶屋町として浅野川の東につくられた.

このとき旧来の不整形な町割が改められ,整形な街区が形成された.

街路に面して一階に出格子を備え,二階の建ちを高くして一階に座敷を置く茶屋町らしい町家が連なり,

全国でも数少ない茶屋町の風致をよく残している地区である.

DSC_0710.JPG

石川県 金沢市 主計町  Kazuemachi  

                                       0.6ha 2008.6.9 選定 茶屋町

             選定基準:伝統的建造物群が全体として意匠的に優秀なもの

 

主計町は,茶屋町としての始まりは定かでないが,明治期には形成していたもとの考えられている.

一階に出納子を構え,二階の建ちが高い茶屋建築の町並みが残り,

明治後期から昭和初期にかけて三階建てに増築されるなどの時代相もよく伝えている.

平成11年には全国で初めて旧町名が復活した町で,前を流れる浅野川と共に良好な景観を形成している.

DSC_0687.JPG

石川県 金沢市 卯辰山麓  Utatsu-sanrolu  

                                            22.1ha 2011.11.29 選定 寺町

             選定基準:伝統的建造物群及び地割がよく旧態を保持している

 

保存地区は金沢城の北東に位置し,卯辰山麓の傾斜地に広がる.

元和・寛永期 (1615 -44)に城下町の要所に形成された三寺院群のひとつで,

旧北国街道から卯辰山の中腹に向かって伸びる藩政期からの細街路や町割が今も色濃く残る.

街路沿いや突き当たりに配された寺社と伝統的な町家が渾然一体となり,特徴的な景観を形成している.

DSC_0757.JPG

石川県 金沢市 寺町台  Teramachi-dai

                                       22.0ha 2012.12.28 選定 寺町

             選定基準:伝統的建造物群及び地割がよく旧態を保持している

 

保存地区は金沢城の南西に位置し,前田家墓所に至る旧野田道沿いに形成された直線的な野田寺町と,

白山への参詣路である旧鶴来道沿いに形成された泉寺町からなる.

野田寺町は街路いに寺社が整然と建ち並び,泉寺町は寺社門前地として境内地の通り沿いに町家が連なる.二つの寺町が,この地特有の対比的な景観を形成している.

DSC_0847.JPG

石川県 輪島市 黒島  Kuroshima

                              11.0ha 2009.6.30 選定 船主集落

           選定基準:伝統的建造物群及び地割がよく旧態を保持している

 

黒島は,能登半島輪島市の西南に位置し,海岸段丘上に細長く形成されている.

江戸後期から明治中期の北前船の船主や水夫が多く居住した集落で,今も昔ながらの町割が残されている.

平入・妻入の主屋が入り交じる一方で,

黒釉薬瓦・格子・下見板張りといった要素が町並みに一定の統一感をもたらしている.

DSC_0481.JPG

石川県 加賀市 加賀橋立  Kaga‐hashitate

                                       11.0ha 2005.12.27 選定 船主集落

             選定基準:伝統的建造物群及び地割がよく旧態を保持している

 

県南西部の日本海沿岸部に位置する加賀橋立は,江戸後期から明治中期にかけて北前船の船主や船頭が多く居住した集落である.

保存地区には往時の様子を伝える船主屋敷が起伏に富む地形に展開している.

船主屋敷の主屋は切妻妻入で,屋根は 赤茶色の瓦葺き,周囲には板塀や土蔵が配される.

敷石や石垣には淡緑岸色の笏谷石が使われ,集落に柔らかな質感を与えている.

石川県 加賀市 加賀東谷  Kaga‐higashitani

                                                 151.8ha 2011.11.29 選定 山村集落

             選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

加賀東谷は,大日山を源とする動橋川と杉ノ水川の上流域に点在する四つの集落から成る.

藩政期から製炭業で栄え,明治前期から昭和30年代までに建てられた主屋や土蔵などが群として残る.

主屋は二階建て・瓦葺き・煙出し付の形式で統一され,

これらの伝統的建造物群と周囲の自然環境が一体となり,歴史的な山村景観を形成している.

DSC_0985.JPG

石川県 白山市 白峰  Shiramine

                              10.7ha 2012.7.9 選定 山村・養蚕集落

           選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

白峰地区は,日本三名山のひとつ白山の麓に位置している.

通りに面して建ち並ぶ伝統的建造物は,豪雪地の気候と養蚕業に適した町場のような集落を形成している.

江戸時代から多層階の建物が普及し,二階以上は縦長窓やナルと呼ばれる木枝下地の厚い士壁に覆われ,

屋根に架かる大梯子や大家を囲む石垣が連なり,独特の町並景観を形成している.

DSC_0925.JPG

福井県 小浜市 小浜西組  Obama-nishigumi

                                      19.1ha 2008.6.9 選定 商家町・茶屋町

               選定基準:伝統的建造物群及び地割がよく旧態を保持している

 

小浜市は,福井県南西部の小浜湾に面する港町から,近世城下町として町域を拡大させながら整備された.

保存地区には,丹後街道の屈曲部を境に,東の商家町と西の茶屋町および後瀬山城跡等が残されている.
これらの建造物群と街路構成および地割は,近世城下町の良好な歴史的風致を伝えている.

20181022小浜西組08.jpg

福井県 若狭町 熊川宿  Kumagawa-juku  

                                       10.8ha 1996.7.9 選定 宿場町

             選定基準:伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示している

 

若狭地方中央部の山峡にある熊川宿は,江戸時代に若狭街道の物資流通の中継拠点として繁栄した.

保存地区は東西方向に通る街道筋に形成された旧宿場町の大部分を占め,街道沿いに流れる前川と呼ばれる

水路には,屋敷への出入口に石橋が架かり,所々に「かわと」と呼ぶ洗い場が設けられている.

平入と妻入の町家主屋が入り交じり、変化ある町並景観を構成している.

千葉工業大学 工学部建築都市環境学科/大学院工学専攻 ・ 建築都市環境学専攻 山本研究室 1985-2015 (C) Copyright 2009 All rights reserved